SO Technologies、85%のECサイトで売上増加したフィード広告最適化サービス『フォーカセル』を提供開始 ~Googleショッピング広告の「商品単位での広告最適化」が可能に~

2022.04.06

 ソウルドアウト株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役会長CGO:荻原 猛)の連結子会社であるSO Technologies株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:山家 秀一、以下 当社)は、2022年4月6日よりEC向けフィード広告最適化サービス『フォーカセル』を提供開始いたします。テスト導入にご参加いただいたECサイトの85%以上(※1)において、広告経由の売上が平均1.5倍増加しており、多品種を扱うECサイトにて売上拡大を目指すことが可能です。

img

『フォーカセル』開発の背景

経済産業省が調査した「令和2年度産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)」によると、BtoC-EC(消費者向け電子商取引)における物販分野の市場規模は大幅に拡大し、伸長率は21.71%となる12兆2,333億円となりました。(※2)新型コロナウイルス感染症拡大に伴い非接触志向が高まるなどの行動変容によりEC化率が進んだ昨今では、実店舗だけでなく、ECサイトへの集客およびEC売上アップを重視する企業が増えています。

ECサイトの売上を伸ばすための有効な手段のひとつとして「フィード広告(データフィード広告)」があります。自社サイトの商品データを配信先の広告フォーマットに合わせて変換する「データフィード」という仕組みを使った広告のことで、Google ショッピング広告やCriteoダイナミックリターゲティング、Facebookダイナミック広告などがあります。

フィード広告の中でもGoogle ショッピング広告は、Google上で検索したキーワードに関連する商品の画像や価格が検索エンジンに表示される「検索連動型広告」であり、新規ユーザーの集客に非常に有用です。顧客の興味分野に合った広告を並べて表示できる利便性の高さが特徴です。

Googleは、2021年夏ごろからショッピング広告の「商品単位での広告最適化」を推奨しています。また、当社の保有データから、実際にGoogleの「スマートショッピングキャンペーン(※3)」を利用している50社を分析した結果、広告経由の売上が発生している商品は平均17%であることがわかりました。これらの「広告経由で売上につながる商品」に注力することで売上拡大が見込まれる一方で、数百点以上の商品を抱えるECサイトの場合、商品1点ごとに手動で予算調整を行うことは困難です。そこで当社は、これまでに蓄積された広告データとつちかってきた開発力を活かして商品単位での広告最適化を実現するAIを開発、EC向けフィード広告最適化サービス『フォーカセル』を提供開始しました。

当社は、“稼ぐ力”を日本全国に広げていくため、テクノロジーを駆使したプラットフォームの開発・提供を通じて、企業様の集客課題の解決に努めてまいります。

※1 Google アナリティクス計測
※2 経済産業省 令和2年度産業経済研究委託事業(電子商取引に関する市場調査)より引用:https://www.meti.go.jp/press/2021/07/20210730010/20210730010.html
https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/statistics/outlook/210730_new_hokokusho.pdf
※3 Googleの機械学習機能により、様々なGoogleのネットワーク上に、商品フィードを使用して作成された広告が表示される広告配信システム。

EC向けフィード広告最適化サービス『フォーカセル』詳細

フォーカセルの名称は、焦点を合わせる「フォーカス」と、マーケティング用語で売上拡大を目指す手段といった意味を持つアップセルやクロスセルの「セル」を組み合わせています。「多品種ECにおいて改善余地のある商品単位の最適化を通じて、売上を増やすこと」をコンセプトに開発されました。

フォーカセルで実施するフィード広告運用はAIによってシステム化され、商品単位での広告強化が可能となります。売上最大化を実現するロジックは、当社の提供サービス上で管理されている広告データをもとに、統計および機械学習の専門家によって構築されています。
img 
通常、人手をかけると月間50時間程度かかると想定される、データ取得・分析・注力商品への予算配分までがすべて自動化されます。実際にテスト導入いただいた企業の85%以上(※1)で広告経由の売上が平均1.5倍増加しています。

【導入を推奨するECサイト】
過去実績をもとに最適化されるため、データ量が多い以下のようなECサイトへの導入を推奨しています。
●    商品点数が500点以上
●    Google ショッピング広告で月間10万円以上配信している
●    スマートショッピングキャンペーンを導入済みである

【対応媒体】
Google ショッピング広告
 ※随時開発を進めており、各種フィード広告媒体に対応予定です。

『フォーカセル』サービスサイト:https://focusell.jp/

【事業責任者コメント】

imgSO Technologies株式会社
フォーカセル プロダクトマネージャー 中村 智(取材可)


フォーカセル開発のきっかけは、広告主様および広告代理店様からのフィード広告に関するご相談でした。ECサイトでの売上増加を目指す企業が増える中で、フィード広告の改善を検討するも、実際の作業工数を考えて断念した企業も多いと考えています。フォーカセルによるご支援を通じて、ECに活路を見出す企業の後押しをしてまいります。


※ 「フォーカセル」は、SO Technologies株式会社にて現在商標登録出願中です。
※ 各広告媒体名称、企業名称は、ご提供企業様の商標または登録商標です。

 

SO Technologiesとは
SO Technologiesは、「“稼ぐ力”をこの国のすみずみまで。」をミッションに掲げ、「日本中、どこでも、だれでも、カンタンに、その情熱を稼ぐ力に変えるデジタル集客プラットフォームを創る。」のビジョンに向かい、マーケティングテクノロジーを開発・提供をしています。
提供サービスは、累計運用アカウント数30,000店舗以上の店舗集客支援サービス『ライクル』、導入企業数累計500社以上の広告会社支援SaaS『ATOM』、ネット広告仕入・提案・運用支援サービス『AG-Boost』、Webマーケティングのノウハウメディア『LISKUL』など。

SO Technologies株式会社 概要
会社名:SO Technologies株式会社
東京本社:〒112-0004 東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル19F
沖縄オフィス:〒901-2223 沖縄県宜野湾市大山7-10-25 プロト宜野湾ビル3F
代表者:代表取締役 山家 秀一
設立:2013年4月2日(社名変更:2019年7月1日)
HP:https://www.so-tech.co.jp
 

パンくず

  • ホーム
  • ニュース
  • SO Technologies、85%のECサイトで売上増加したフィード広告最適化サービス『フォーカセル』を提供開始 ~Googleショッピング広告の「商品単位での広告最適化」が可能に~