エシカルマインドを大切にしている縫製工場と作った、Made in JAPANの女性向けビジネスウェア。クラウドファンディングサイト「Campfire」で販売中

2022.04.11

 地方を含む日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援をデジタルマーケティング領域で展開するソウルドアウト株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役会長CGO:荻原猛、以下「ソウルドアウト」)は、「Direct to Consumer(D2C)」事業の第一弾として発表した独自ブランド「imness(イムネス)」の新商品をリリースしたのでお知らせいたします。

img

imnessとは

女性ビジネスパーソンに寄り添うことをミッションに掲げ、トレーサビリティ(※1)を意識した、日本の中小企業とともに創るMade in JAPANのブランドです。

公式サイトURL:https://imness.jp/

================================
オンの日に、私を愛せる服

平日の夕方、鏡に映るわたしをもっと好きになれる。

つい自分を後回しにしてしまう平日、
働く私たち自身を、大切にできる服を作りました。

全国でわずか2%(※2)の、Made in JAPANの品質。
わたしは、わたしの信じる1着を纏う。
きっと、その1着がわたしの背中を押してくれるから。

ひとつひとつに、ストーリーや想いをのせて。
わたし(I'm)らしさ(ness)を表現する
imness
================================

私たちの商品は、モノづくりのこだわりやトレーサビリティを大切にしている縫製工場の方々と製作した確かな品質があります。そして、これからの社会を牽引していく女性ビジネスパーソンが "働く自分を大切にできる" よう「自分自身の個性を大切にする」「快適に過ごせる」ためのこだわりを詰めた1着に仕立てました。

※1 その製品が「いつ、どこで、だれによって作られたのか」を明らかにすべく、原材料の調達から生産、そして消費または廃棄まで追跡可能な状態にすること。
※2 https://www.sen-i-news.co.jp/seninews/view/?article=368321
日刊繊維合紙(2021年06月11日更新)、「20年の国内衣類市場/輸入浸透率97・9%に/国産が8200万点を切る」(参照2022年3月)

img

 

商品へのこだわり

img

img

img

トレーサビリティを意識する背景

ソウルドアウトは、日本全国の中小・ベンチャー企業の成長をデジタル×マーケティングを駆使して支援しています。素晴らしい技術があってどこよりも自慢の商品があるのに、その魅力を世の中へ広める術がわからないという悩みを解決する役割を担っています。地方のアパレルの縫製工場や生地メーカーとつながりを持ち、実際にその土地に訪れ、工場でのこだわりや伝統技術について取材をしました。

YoutubeURL:https://youtu.be/eiOd1du4q_o

国内のアパレル生産比率の低下という構造的な問題を抱えながらも、外国人技能実習生の労働環境改善、女性が多い職場でのワークライフバランスの推進にも取り組みながら、技術やこだわりを守っている姿がありました。
彼らの想いは私たちの会社の理念に重なるところがあり、それらを伝えながらお客様に商品を届けたいと思いました。

女性ビジネスパーソンに寄り添いたい想い

私たちのプロジェクトチームは、20代後半~30代前半の若手の女性を中心としたメンバーで構成されています。

若手社員でも入社から数年で第一線で活躍できる環境がある一方、膨大な業務と向き合い過ぎ去る日々への焦り、仕事に対する責任感と不安が入り混る毎日。そんな中でも考えていることは、

 ”それでも前に進みたい”

そんな女性たちが生産者の想いやこだわりを知ることで、少しでも自分のことや身に着けるモノを大切にできたら。それが一歩踏み出すキッカケになるかもしれない。このような想いから、私たち自身が本当に仕事の時に着ていたいと思えるアイテムを作りました。

クラウドファンディング概要

トレーサビリティを大切にしながら、女性ビジネスパーソンに寄りそうコンテンツやプロダクトをリリースし続けるため、クラウドファンディングを実施中。

URL:https://camp-fire.jp/projects/view/569906
期間:3月30日(水)~4月24日(日)
ポイント:All or Nothing方式のため、プロジェクトの目標金額を達成しなかった場合、商品は生産がされず、申し込みいただいた支援金は返金されます。


過去のクラウドファンディングでは達成率600%を記録

去年行ったクラウドファンディングでは日本国内の工場や技術を守っていきたいという想いをもとに岩手県一関市で100年続く「京屋染物店」と一緒に、生地の選定・染色をした特別なワンピースを製作しました。この想いは多くの方に共感いただき、達成率605%という結果となりました。

img

パンくず

  • ホーム
  • ニュース
  • エシカルマインドを大切にしている縫製工場と作った、Made in JAPANの女性向けビジネスウェア。クラウドファンディングサイト「Campfire」で販売中